かかりつけ医がいない人に知っておいてほしいこと


病気になったとき、どの医療機関を頼ればいいかわからない

睡眠中は咽頭の筋肉や舌がゆるみ気道が狭くなるが、加齢や飲酒でもゆるくなる。睡眠中の突然死や、日中、眠気を催し、交通事故や作業中の事故につながる恐れがあるので、自分のいびきで目が覚めるようなら病院へ。静かに進行する恐い病気。そして何と言っても一番恐いのがほとんど自覚症状がなく気がついたら手遅れというケースである。しかし、どんな病気にも必ず前兆がある。その一つが糖尿病。糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが低下することによって、さまざまな障害をもたらす病気。

遺伝による影響も大きいが、肥満や不摂生、ストレス、ウィルス感染などが原因で発病することも多い。口が渇く、多尿、化膿しやすいなどの特徴がある。このほか「疲れやすくなる、食欲はあるけれど痩せる」という糖尿病とよく間違えられるのが、バセドウ病。バゼドウ病は原因がまだ不明の点が多いが、有力なのは自己免疫説で、甲状腺のリンパ球に異常が生じ、甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気。新陳代謝が必要以上に促されるため、脈拍が速くなる頻脈が起こったり、手足がブルブル震える、眼球が飛び出すなどの症状が現れることが多い。

身体がだるくて力が入らない。これに対して、バセドウ病とは逆に甲状腺ホルモンの量が不足し、新陳代謝が衰えるため、体がだるく疲れやすい、力が入らないなどの症状が現れるのが橋本病。何もやる気がなくなり、うつに近い状態になる場合もある。月経不順、月経過多、貧血を招くことも。この他、歯科の分野では歯周病が恐い。実際、歯を失う理由は、虫歯よりも歯周病のほうが圧倒的に多く、日本人の約五〇%がこの病気で歯をなくしていると言われている。
保険についてのホームページを見ても、どうにもよくわからないことがたくさんあったので保険の無料相談で、実際にプロの知識を持った人に相談に乗ってもらうことにしました。
歯科恐怖症でしたが、宝塚の歯医者は先生もスタッフさんもとくに丁寧で、親切にこまめな確認をしながら治療をしてくれるので、とても安心して通えます。


新着記事
2015/01/08 Recommendを更新しました。
2015/01/04 新着記事を更新しました。
2015/01/03 名医を見つけるを更新しました。
2014/12/31 がんを調べる検査法を更新しました。
2014/12/29 マンモ検診率を更新しました。
2014/12/27 歯周病の初期段階を更新しました。
2014/12/26 病気になったとき、どの医療機関を頼ればいいかわからないを更新しました。
2014/12/23 ホームページをリニューアルしました。


オススメ紹介
看護師の求人・募集・転職なら【FAナース】看護roo!(カンゴルー)転職サポートナースフル
全国の看護師求人の情報を勤務形態や必要資格、こだわり条件などを指定して検索できるサイトです。首都圏、関西、東海の厳選された病院のみの看護師求人サイトです。リクルートが開いている看護師求人情報サイト。各地域担当のアドバイザーが転職をサポート。